先週と同様に今週についても動きはなく、値動きについても安定を保っている。但し、荷動きに付いては非常に悪く、市中の発生状況はかなり薄い。9月ぐらいと比べると3割程減っているような感覚である。 …

続きを読む…

LMEは19000ドル台を行ったり来たりで、これ以上の値上げの材料にはならない。よって市中状況としては殆んど動きが無かった。 先週韓国メーカーの今月単価の発表が有り、まあまあの幅の値上げが行われた。これを材料に今週動くか …

続きを読む…

高止まりでの安定期に入ったようである。下げるきっかけも無いが、上げる要素も無い。どちらにしてもマーケットを考えると安定しているのが一番である。 但し、市況としてはじわじわと更なる高値へ移行しているような節が見受けられる。 …

続きを読む…

LMEのNi相場は2万ドル前後で推移し下がる気配は見受けられない。輸出シッパーは結局下げのアナウンスをするも下げてはおらず、全体的な下げに出た国内ミルについても値戻しの必要性が生じている。積極的な上げに付いてはどこもしよ …

続きを読む…

先週各国内ミル及び輸出シッパーが値下げをアナウンスしたが、折しもLMEのNi価格が大幅な上げを見せ、一部輸出シッパーにおいてはアナウンス下にも関わらず値下げを延期するという行為に及んでいる。 一部国内ミルについても若干の …

続きを読む…

LMEの値下がりを受けて、大手輸出シッパーが値下げをしたいという話が伝わると、ここがチャンスとばかりに国内ミル2社は値下げを発表した。輸出シッパーは金曜日にLMEが大幅な戻しになっていた為に今週の前半にて様子を見るという …

続きを読む…

先月後半よりLMEの値下がりが断続的におき、潮目が変わりつつある状況である。7月よりものすごいペースで値上がりしてきたステンレススクラップであるが、ここへきて確実にペースダウンしてきている。余りに指標とかけ離れている単価 …

続きを読む…

先週後半にLME Niが急落を受けて、ステンレススクラップの価格高騰も一旦落ち着きを取り戻したかと思えるも、今度は外資系輸出シッパーが高買いを行い始め、完全にマーケットを乱す異端児状態になっている。LME自体が急落してか …

続きを読む…

一旦落ち着いたかに見えた市況についても大手輸出シッパーの断続的値上げにより均衡は破られ再度上昇局面に入ってしまった。当面もこの状況は続くと思われるも、ここで一つ懸念点が浮上する。それはスクラップの値上がり速度が速い為に、 …

続きを読む…

先週から今週にかけて大手輸出シッパーがLME上昇に合わせ裏値・表値を断続的に上げを行ってきた。一時は小康状態を保つかと思われた市況も、ここにきて値動きが激しくなってきている。勿論国内ミルについても需要は旺盛である為、ここ …

続きを読む…