先週に入り、シッパー各社が一斉に価格を上げてきている。なりふり構わずといったところであろうか。各社共市況云々は考慮していないであろうが、結果的に市況全体を押し上げる事になってしまっている。これは関東だけではなく、関西でも …

続きを読む…

2月に入り、また一段単価は上がってきた。大手輸出シッパーや中部ミル等が余りの集荷の悪さに耐え切れず価格を上げに踏み切ったのだ。状況は決して上げの方向は向いていない。完全に無いもの高の悪循環に入っている。2月中旬以降から発 …

続きを読む…

軒並み集荷数量が減っており、各業者共かなり苦戦している状況である。じりじりと価格は上がってきているが、やはり飛び抜けた所は無く、暫くはこの辺りの攻防となるのであろう。スクラップの発生状況は最悪で、2月もかなり苦しい状況は …

続きを読む…

いよいよ大手輸出シッパーの購入姿勢が強くなってきている。市中発生も未だ本調子ではなく、発生量は低位横ばいのままである中で輸出向けとの玉の奪い合いという図式になりつつある。但し、単価自体がうなぎのぼりするかというとそこまで …

続きを読む…

大筋では9日から始まりの所が多く、未だ本格的に業界が動いていないのもあって、実際の集荷は少ないままである。今週から徐々に増えてくるかとは思われる。 そんな中、韓国向けが徐々に勢いを付けてくるのではないかという話が出てきて …

続きを読む…

明けましておめでとうございます。 昨年12月はスクラップの発生がかなり少なく、メーカーの減産以上の発生減といった感覚を全国で持っていたと思われる。概ね発生工場においても在庫調整がピークになっているのが主な原因だろう。1月 …

続きを読む…

値下げた先、値下げ無かった先の二極化で今年も終了となる。共通しているのはスクラップの発生が非常に少ないという事だけ。注文が少ないのもあるだろうが、発生工場の在庫調整が主な要因と考えられる。となれば2~3月ぐらいになると、 …

続きを読む…

漸く国内ミルが追加5円の値下げに踏み切った。中部1社・関東1社も追随した。状況的には当然の結果と言えばそうなのだが、当初下げを発表するとしていた大手シッパーはダンマリを決め込んでいる。市中の荷動きが12月は非常に悪い中、 …

続きを読む…

市況的にはLMEも含めて動きの無い一週間であったが、為替が大きく変動している。円高に向かって動き始めている状況は、当然輸出にとってはマイナスであり、韓国向け大手輸出シッパーも今週から値下げを行う様な動きを見せるのではない …

続きを読む…

内高外低の状況である。諸外国の買値が軒並み下がっているにも関わらず、今回は中部ミルを筆頭に国内ミルの値下げへの熱意が低いのが特徴である。これは2か月前迄の状況と大きく変わっており、国内ミルがボトムを抜け出したことから、諸 …

続きを読む…