韓国ポスコの今月価格が据え置きとなる。11月は例年定期炉修があるが購入量は例月並みにあると思われる。 中国のインド向け輸出の影響でアジア地域のコンテナ船が大幅に不足しており、韓国などからも日本向けにスクラップ売却のオファ …

続きを読む…

全体的に静かな状況にある。LMEについても然したる変化はなく、市況についても上げる要因も下げる要因もなく、安定している。 アメリカ大統領選が進むにつれ円高がじわじわと進行している点だけが懸念点である。バイデン勝利という事 …

続きを読む…

各国内メーカーも本日と11/4にて5円上げにて出揃い、市況は5円上げにて10月初旬の状況に回帰した。LME自体も現在は落ち着き、しばらくは上げの要素も下げの要素もない中で推移すると思われる。 但し、アメリカの大統領選挙の …

続きを読む…

本日より大手輸出シッパーが5円値上げを発表、国内マーケットも動きを見せ始めてきた。LME価格も順調に伸びてきていた中、上げ期待は膨らんでいたが、これで価格への期待値の顕在化が行われるだろう。 国内ミルに付いては迷惑な話で …

続きを読む…

月初に市況は5円下げで確定し、現状は非常に静かな状態になっている。 但しLMEについては既に15000ドルを超えて後半の価格になりつつあるので、市中では値戻しの期待がもたれはじめているのではないだろうか。 …

続きを読む…

各輸出シッパーについても概ね5円下げで落ち着き、とりあえずは小康状態になっている。荷動き自体は先月の下げ前の入荷分が月初にあったものの例月並みというところ。 韓国ミルの今月価格が発表されたが、意外にも据え置き。これとLM …

続きを読む…

輸出シッパー及び国内ミル、問屋筋迄も概ねほとんどが5円下げにて10月スタートを切った。LMEに付いては14000ドル前半で小康を保っている。LMEが動かなければ暫くこのバランスで市況は保たれると思われるも、発生屑の品薄感 …

続きを読む…

LMEがピークより約1500ドル程下落し、それに合わせて大手シッパーが10/1より5円下げをアナウンス。しばらく続いた上昇局面から下降局面に移行の兆しが出てきた。これを受けて国内大手ミルに付いても10/1より5円下げを確 …

続きを読む…

先週大手輸出シッパーが5円値上げに踏み切り、今週より国内ミルについても大まかには追随しマーケット的なバランスは変わらずである。但し、先週よりLME相場が下落に転じており直近では最大1000ドルの下げとなっていることを踏ま …

続きを読む…

2020年9月7日

中国のステンレス増産からインドネシアのNPIとの需給が逆転、インドネシアがNPI不足分をスクラップ屑にて充足させる動きがある。又、インドでのステンレススクラップの需要の高まりを受けて東南アジア・台湾・韓国よりスクラップが …

続きを読む…